2015年12月29日火曜日

弾む会話の特効薬⁉ ファシリテーションだけじゃない対話型ファシリテーションの使い方

会話に詰まるな…
そんなときってありませんか?
そんな方に朗報です!!
(決して通販サイトではないので安心してください)

こんにちは!インターンの松本です。
今回は基礎講座から学んだ、私なりの対話型ファシリテーションの活用方法をご紹介したいと思います。
基本的に人見知りな私。
自分のことを話すのが苦手なので先手必勝!ということで相手より先にどんな話題を振ろうかと必死。
いつも話し終えると頭がクラクラ…な私ですが、先日の対話型ファシリテーションの基礎講座から
初対面の人とも会話に詰まらずに話を振り続ける糸口を見つけたのです!その糸口とは既にご存知の方も多いと思いますが、whenやwhereを使った事実質問です。

基礎講座では他の参加者とペアを組み、その人が身につけている一つの物に注目して数分間、事実質問をし続ける練習が2回もあります。
初対面の方とペアを組むのでもちろん緊張。
しかし質問していい項目や話題の入り方もある程度決まっていたのでそこまで気を張っていない自分。

指のサポーターについて「これは何ですか?」から始まり
「いつ買ったんですか?」「どこで買ったんですか?」

「へぇ~、指の骨の構造ってそうなってるんですね!」と
いつの間にか指についてレクチャーを受けていた私。
指って奥が深い。
頭は使ったけど、いつもより頭の中で話が整理されているような…

なぜ?と思った私は基礎講座を振り返って下の方法で話したから頭があちこち飛ばずに済んだのかと納得。

<話の組み立て方>
① 固定概念なしでそれが何かを尋ねる
② 時系列で思い出せるような質問をする
③ 特に気になった点を掘り下げる

この練習が対話型ファシリテーションとして成功だったのかどうかはさておき、対話型ファシリテーション初心者の私はまず話の組み立て方を学べました。

ファシリテーション以前に人との会話を弾ませたい!と思っている人も基礎講座に来て自分なりの話の組み立て方を見つけてみてはいかがですか?

インターン 松本侑子


もっと詳しく やり方を知りたい、という方におススメの書籍
対話型ファシリテーションの手ほどき」 (700円+税 2015年12月発行)

実際に練習してみたい、という方におススメの1,000円セミナー
メタファシリテーション入門セミナー」 (東京・名古屋・関西各地で開催)

2015年12月15日火曜日

脱・なぜ質問!!


はじめまして、ムラのミライでボランティアをしています金智子と申します。イギリスの大学院で平和・紛争・開発学を学び、昨年卒業しました。大学院在学中にファシリテーションやネゴシエーションのスキルを学びましたが実生活で活用できていない事に気付き、この講座ならと思い参加しました。
講座に参加し色々な発見がありました。その中でも二つの事に重点を置いてみたいと思います。

一つ目は、相手に質問する時に“なぜ”を使った質問をしない事。なぜなら“なぜ”を使った質問では事実を聞き出すことが出来ないからです。“なぜ”に対する答えはその人の感情や考え方がベースになっているため、その答えが事実である必要もない上、事実であるかどうか確かめるすべもないのです。講座の中でこの“なぜ”を使わずにひたすら相手に質問する、というロールプレイがありましたが、これが想像以上に難しい。さらに、普段の会話の中でいかにこの“なぜ”質問をしているかに気付きました。この日を境に家族や知り合いと話をする時はなるべくこの“なぜ”フリー質問をするよう、心がけるようになりました。最初はなかなかうまく行きませんでしたが、今では自然にとまではいかなくともかなりスラスラと“なぜ”フリー質問ができるようになりました。

二つ目は、相手の質問の仕方に敏感になった事です。ファシリテーターの役割は当事者から事実を引き出すことであり、答えを与えたり決定を下す事が役割ではありません。それゆえに、“誘導しない”と言うことがファシリテーターの一つのキーロールだと思います。例えばこれは実際に私が体験した事ですが、数ヶ月前、父親の看病のため病院に通っていました。そこでの看護師とのやり取りの中で、誘導されていると感じる事が多々ありました。つまり、選択肢を与えられその中から選ぶと言う、いかにもこちらに決定権があるようですが、実はそうではない。なぜなら、与えられた選択肢はすべてあちらの都合であり、あちら側のプランやスケジュールに支障のない程度に色々な選択肢が用意されている事に気が付きました。この様なやり方で支援機関の人間が途上国の人々に接しているとすれば、とても横柄で恥ずかしい事だと思います。

このファシリテーションスキル講座からたくさんの事を学びました。人道支援に携わりたいと思っている一個人として、とても大きな気付きを得ることが出来たと思っています。

ボランティア 金智子

2015年12月8日火曜日

ファシリスキルで娘がカタルシス!?


中3=受験生の娘がいます。

いよいよ受験本番。
隔週くらいで定期テスト、模擬テスト。忙しそうです。

私は自分の経験上「今日のテストどうだった?できた?」って親から聞かれるのがすっごくいやで、できれば「え?テストだったん?」くらいの無関心が心地いいというひねくれた中学生だったので、娘にもそのように接していたことがあります。
でも、自分がそうだからといって娘も同じ気持ちとは限りませんし、やっぱり、「あなたに関心があるんだよ」というメッセージは必要なものだなあと感じる出来事があり、いまはそのつど聞くようにしています。

対話型ファシリテーションを知らない当時は、やっぱり開口一番
「今日のテストどうやった?」って聞いてました。
答えは「普通」。
「割と出来たと思う」「勉強してたとこがぜんぜんでなかった」などの短いフレーズをいうのもおっくうだ、そんな気持ち、なんかわかります。会話ストップで、自分の部屋へひっこんじゃう。

今は、「どうやった?」のかわりに
「今日、なんの教科やったん?」
「時間って45分やんな?」
「プリントって表裏で1枚くらい?」
「席替えすんの?誰のうしろ?」
って、思いつくWhen What Where Whoの事実質問をするようにしています。
すると、娘はそこに座ります。
たくさん、話してくれます。
うーんカタルシス。

「時間、たりひんねん。問題多すぎ」って答えがあっても、もう「時間配分考えてさ、捨てる問題とか決めたら」なんてアドバイスしません。「何問くらいあるん?」「一問何分くらいかけられるん?」「試験の前に、今日の試験は何問ありますって先生教えてくれへんの?」って聞いていくと、本人、すごく考えています。うまく、気づきを促されているかは未知数ですが。

ただし、娘、対話型ファシリのこと、結構知っているので、私が事実質問をしだすと「きたな」
って表情をします。もしかしたら、あわせてくれてるのかも…?!


(ボランティア/日本語教師 吉田佐内

http://muranomirai.org/donation_nepal2015


2015年12月5日土曜日

でこぼこ通信_番外編_「Cappaが灯すあかり」(2015年12月5日発行)

でこぼこ通信 番外編「Cappaが灯すあかり」(2015年12月5日発行)

In 601プロジェクト通信 ネパール「バグマティ川再生 でこぼこ通信」 by master

目次

1. はじめに
2. 水の流れをエネルギーに変えるCappa
3. Cappaデモンストレーション。張り切るソムニード・ネパールのスタッフたち
4. 発電できない!?どうなるデモンストレーション
5. Cappaのある暮らし

 

1. はじめに

11月、相変わらずガソリン・ガス不足のカトマンズである。これから一年で一番寒い時期を迎えるが、乾期のため水量も減り(ネパールは水力発電がメイン)、一日の半分以上は電気が来ないこともある。日本にいると電気は24時間使えることが当たり前だが、ここネパールではそうではない。ガスもない、電気もない、厳しい冬になりそうだ。
さて、これまでプロジェクト通信でご紹介してきたのは、環境教育と分散型排水処理施設(DEWATS)の2つのプロジェクトだが、今回は番外編として、これらの他に、ムラのミライも関わっている「電気」に関するプロジェクトについて取り上げたい。

ページトップへ


2. 水の流れをエネルギーに変えるCappa

それは、軽水力発電機Cappa
大人2人で持ち運びが可能で、川や水路に入れるだけで発電できる発電機だ。水の流れる力を電気に変えるので、一定の水量と水流さえあれば発電でき、メンテナンスもゴミをとるといった簡単なもの。このCappaを開発したのは、これまで茨城県でモーターを中心に開発・製造してきた(株)茨城製作所(以下、愛称の「イバセイ」と表記させていただく)。東日本大震災で被災したことをきっかけに、これからのエネルギーのあり方を模索するなかで、一般の人に届く製品/自然エネルギー/小さな電気の視点から、このCappaを開発されたそうだ。
災害時の緊急電源として、村や家庭の独自電源として…さまざまな使い道が考えられるが、今後の海外展開の可能性を探るために、イバセイスタッフが世界各国を歩き回って調査地に選んだのがネパール。ムラのミライはネパールでの現地調査のお手伝いをしている。
今回、11月のイバセイ調査チームの来ネのメインイベントの一つが、これまでに調査で訪問した各機関の関係者を招いてのCappaのデモンストレーションだ。
ページトップへ



3. Cappaデモンストレーション。張り切るソムニード・ネパールのスタッフたち

11月18日。イバセイから6人の方がネパールにやって来て、ムラのミライオフィスで顔合わせをした。地震や燃料不足で思ったように物事が進まないなか、Cappaのデモンストレーションに参加できることに、ソムニード・ネパールスタッフたちの顔もいつもより明るい。なによりお祭りごとには全力投球なネパール、いつもの倍かというスピードでサクサクとプログラムを練り上げ、必要なものを手配していった。

11月20日、デモンストレーション当日。お揃いのTシャツを着てオフィスに現れたムラのミライ&ソムニード・ネパールのスタッフたち。このお揃いのTシャツはイバセイが準備してくださったものだが、もらった途端に「XLはちょっと大きすぎるんじゃ…」などとサイズ調整を念入りにするあたり、やっぱりお祭り好きなソムニード・ネパールのスタッフたちである。
イバセイのみなさんが乗るミニバスにピックアップしてもらい、いざ、デモンストレーション会場であるサクー(地名)へ出発。天気もよく、デモンストレーション日和だ。

会場に到着すると、さっそくCappaの準備にとりかかるイバセイのみなさん。Cappaは近くの川から灌漑用の水を引く、幅90センチほど、深さ1メートルほどの水路の中に設置する。
  


今回のデモンストレーションでは、Cappaの設置以外は地元のケータリング業者に椅子やテント、軽食の準備をお願いしていた。サクーは4月の地震で大きな被害が出た地域の一つ。「だからこそ、ぜひ地元の業者にお願いしたいんだ!」というディベンドラたっての希望で手配した。
「さて、会場はどうなっているかな~」と見に行くと、テントはすでに設置してあったものの、ホコリと土にまみれたイスが積み上げられたままだった。
…このイスにゲストに座ってもらうのは申し訳なさすぎる。
スマンは「イスを拭くの?それはケータリング業者の仕事だから、彼らにやってもらったらいいよ」と言うものの、いつまで待ってもケータリング業者が現れる気配はない。とにかく開始時間は決まっているので、仕方なく私たちで拭いてキレイにしていった。イスを拭きおわってしばらくしてから、ケータリング業者のオッチャンがカーペットや残りの備品を持ってきた。結局、またオッチャンはどこかに行ってしまって、カーペットも自分たちで敷いたのだが。
デモンストレーション開始30分前。
Cappaの動きも好調。式典会場の準備もなんとか完了。あとはゲストを迎えるのみ。これまで調査で訪問した各機関の関係者、日本の援助機関関係者、そしてデモンストレーション会場であるサクーの人々を招待し、多数の方に来場いただいた。
デモンストレーションのプログラムは
1.司会からの開会挨拶+着席の声掛け
2.菊池社長からのウェルカムスピーチと、Cappaの概要説明
3.Cappaデモンストレーション場所へ移動(徒歩2、3分)し、デモンストレーション
Cappaが発電した電力で、
・電球を灯す
・スマホの充電や、ネパール音楽の再生
・地元の小学生が作ったランプシェード、ジオラマを楽しむ
そして、Cappaの仕組みについて、実際のCappaを見ながら説明
4.ゲストからのスピーチ
5.閉会挨拶+軽食
というもので、ディベンドラとウジャールがネパール方式のセレモニーの枠を作り上げ、イバセイのみなさんがCappaで発電した電力で楽しんでもらえるようなプログラムにアレンジしていった。

ページトップへ



4. 発電できない!?どうなるデモンストレーション

しかし、開始直前になって「困ったことになった」と動き出すイバセイのみなさん。
川から水が流れ込んでこなくなったのだ。それまで十分だったCappa周辺の水位が急に下がり、Cappaが発電に必要とする十分な水が確保できない。後からわかったことだが、近隣の水力発電所での発電のために、同じ川から取水が始まったことが原因だったらしい。
土のうを作って積み上げ、少しでも川の水をCappaが設置してある水路に呼び込もうと、さっそく作業が始まった。
「いやーあの時は、ここでCappaが発電できないなんてことになっちゃいけないと思って、本当に必死だったんだよ~」と、ディベンドラたちはその時のことをふりかえる。
プログラム開始時間となり、司会を担当するウジャールがアドリブも交えつつ、開始の挨拶と、ゲストの読み上げをおこなった。原稿を準備して、当日ギリギリまで練習をしていたこともあって、とてもスムーズにプログラムは進んでいった。
 

一方、川に土のうを積み上げ、少しでも川の水をCappa設置場所へ流そうと努力する、イバセイのみなさんとソムニード・ネパールのスタッフたち。
実際にCappaを見に行く時間になっても、状況はなかなか改善しない。社長のユーモアを交えながらの説明を聞きながら、Cappaを興味深く覗くゲストのはるか遠方で、イバセイスタッフとソムニード・ネパールスタッフが必死で土のうを作っているのが目に入った。  

プログラムがゲストからのスピーチに移ってからも、調整は続く。
最後の最後、ギリギリまでの調整が実を結び、「Cappaが動かせる!」という情報が入ったのは、菊池社長による閉会の挨拶が終わる頃。その時のイバセイスタッフからのOKサインは、とてつもない安堵感をスタッフ全員に与えた(と思う)。
もう一度Cappaデモンストレーション場所へゲストが移動し、今度こそフル発電するCappaを見てもらうことができた。
  

プログラムが終わった後は、軽食とロキシー(穀物類からつくる、焼酎のようなもの)をゲストにふるまう。軽食はネワール料理(ネワールの人たちの伝統的な料理)を出してもらった。チウラ(干し米)やチキンカレー、魚の揚げ物、ジャガイモのタルカリ(野菜のカレー炒めのようなもの)、豆。そして、本来は「ヨマリ・プルニマ」というお祭りの日に食べるものだけれど、今日のために特別に出してもらったヨマリという胡麻だんごのようなお菓子。これらの食べ物が葉っぱでできたお皿に入って出てきた。
 

軽食の準備を手伝っていた時に、ケータリングのオッチャンたちが手づかみでチウラをお皿に入れているのがチラリと見えて(サーブ前に手を洗った様子はない)、見なきゃよかったと後悔した。もちろん食事はおいしくいただいた。
ゲストたちにふるまったあとは、自分たちも軽食とお酒を楽しむ。緊張から解放され一番軽食とお酒を楽しんで大笑いしていたのは、ソムニード・ネパールのスタッフたちだった。その証拠にロキシーを何杯もお代わりしている。(出てきたロキシーは水で薄められたものでなく(いうなれば、泡盛のストレート)、おいしかったので、お代わりする気持ちはわかる。)
もちろん、なにより緊張され、そして無事に終了して安心されていたのは、イバセイのみなさんだろう。おそらく初めて食べるであろうネワール料理にも果敢に挑戦されていた。

そんな様子を見ていたスマンが「今日はお揃いのTシャツを着て、一つのチームで何か成し遂げたって感じでいいね!」と言っていた。
いくら「今を生きる」「なんとかなるさ」マインドのネパール人スタッフたちとはいえ、
「ガソリンが手に入りづらくて、モデルレッスンで使うバスが確保できない。」
「資材が手に入りにくくなり(しかも価格は1.5倍)、DEWATSの工事がなかなか始められない」
そんな話ばかりが繰り返されてきたここ数ヶ月。
さすがにもどかしい思いもあったんだな~と思うと、「でも予算はこれだけだから…」「あと●ヶ月でどこまでできる?」とばかり言ってきた自分をちょっとだけ反省した。
紙幅の都合で割愛した、大小さまざまなスッタモンダはあったものの、Cappaのデモンストレーションは無事に終了した。例のケータリングのオッチャンも、まだ片付けが終わってないうちに、なぜか一仕事終えた感じでモリモリ食事を食べていた。


ページトップへ


5. Cappaのある暮らし

「Cappaそのものの持つ発電量というよりは、その場の持つ自然の力を電気に変えるんです」
「Cappaのビジネス展開を視野に入れて調査しているのはもちろんですが、人がどうCappa使って、Cappaのある生活がどういうものかを現地の人と探っていきたいんです」
そう語ってくださった、イバセイのみなさん。
Cappaは人と自然が共生できる仕組みのなかで、自然からエネルギーを「借りる」と言うコンセプトで設計・開発されている。カンタンに発電できるツールという以上に、「私たち、これからどういう暮らし方を選ぶの?」という問いを投げかけていると思う。ラングーも、エンジニアとしての視点から、こんなことを言っていた。
「Cappa一つで大きな電力を発電できるわけじゃない。ネパールで広げるなら、発電量を売りにするんじゃなくて、コンセプトこそを大事にしていくのがいいんじゃないかな」

地震、憲法をめぐる政治的な対立、燃料不足…今年は何かと苦しいことが続くネパール。内陸国であるが故に資源のほとんどを外国に頼らざるを得ず、翻弄される。国内の政治的な対立もあって政府がなかなか動けない。そんな「ガソリンがない、電気がない」のないないづくしから、「自分たちで電気を発電できる!」そんな暮らしが実現できるかもしれない。ゲストのスピーチからもそんな期待が伺えた。

ただし、Cappaを動かし続けていくためにはキレイな水が必要。川のゴミをとる/川にゴミを捨てない…など、日々の行動に落とし込むこと。十分な水量を確保するために自然資源をマネジメントしていくこと。それを村の人たちが実行していかなければ、Cappaといえども、すぐに遺跡と化してしまう。
「ない」を見つけて、モノを贈るのも一つの手だが、ムラのミライのスタッフとしては、村の人たちと一緒に、自分たちの生活がどう変化してきたのかをふりかえり、これからどうなっていくのかを考えて、暮らしをデザインしていくことに関わっていきたい。そんなことを、この番外編を書きながら思った。
次回以降は通常のプロジェクト通信に戻り、先生たちや村の人のようすをお伝えしたい。
ページトップへ



注意書き

軽水力発電機Cappa=2013年グッドデザイン賞 ベスト100・ものづくりデザイン賞を受賞されている。くわしくはこちら
ディベンドラ、ウジャール、スマン、マニーク、ラングー=ソムニード・ネパールのスタッフたちの名前

 



2015年12月1日火曜日

かまどのショールーム


そこは標高2,000メートル弱に位置するネパールの山奥の村。20148月半ば、約1週間かけて周辺の村々を訪ね歩いた。目的は、過去に実施した森林組合による森林管理事業について、その後の様子を見に行くこと。

折りしも雨季の真っ最中。増水した川の中を歩いて渡り、ガスで曇る視界の中、雨で濡れて冷たくなった手を握り締めながら、村を回り、森や農地を村の人たちに案内してもらった。


結局のところ、森林組合による植林用の育苗や堰堤のメンテナンスは続いていたものの、共有林以外の私有林においては、見事に畑へと開墾されていた。今日の話の舞台は、その山の裏側、つまり森林組合に参加していないすぐ隣の村での出来事である。



「うちにおいでよ」と連れて行ってくれたお宅は、集落の中でも一番高い場所にあり、潅木の隙間を縫いながら、石を組んだ坂道を這い登るようにして、ようやくたどり着いた。
家に入ってすぐの処が調理場兼食事をとる場所で、調理場は綺麗に掃き掃除が終わっている。奥にかまどが見えており、その横にはガスシリンダーも置いてある。さらに、入り口近くの床から細いビニール管が出ているのが見えた。

一通り挨拶してから、
「これは何ですか?」とそのビニール管を指差して聞いてみた。
「これは、バイオガス用の管よ」と、その家のおかあちゃんが答えてくれる。「専用のコンロをここに持ってきてつなげると、調理できるのよ」
「へぇ、バイオガスですか。今日のお昼は、これで調理したのですか?」
「そうよ。豆カレーを作ったの」
「じゃぁこれは?」とかまどを指して聞いてみる。かまどの中には炭もない。
「見てのとおり、かまど。ただ、今はおとうちゃんと二人だけだからほとんど使わないけどね。」
「いつ使ったのですか?」
「この前のジャガイモの収穫期。子どもたち家族が手伝いに来てくれて、ここで大勢で過ごしたの。大人数のご飯を作るときは、やっぱりかまどじゃないと火力が足りないのよ」
「えっと、ここにガスシリンダーとガスコンロがありますけど、これは使えるのですか?」
「もちろん!バイオガスの火力じゃお米を上手く炊けないのよね。だから、お父ちゃんとの二人だけでも、お米はここで炊くの」
「すごいですね。ちなみにこのガスシリンダーは、どこから持ってきたのですか?買ったのですか?」
「これは、村の役場で薦められた所で、安く買ったの。バイオガスは、どこかのNGOが数年前に作ってくれて。一応、トラブルの時の窓口みたいなお店を紹介してくれたけど、まだあるのかしらねぇ?」 

このように会話は続き、結局のところ外の簡易かまども含めると、この家には4つも煮炊きをする器具が揃っていたのである。ただ、かまどを皮切りに、このお家の家族構成や息子、娘家族の暮らし(カトマンズに移住)、そして近隣の独居老人問題や、空き家事情まで判明したという、日本の地方のような事情に絡めとられたネパール農村が垣間見えたのだった。



ムラのミライ海外事業チーフ  
前川 香子


まずは知りたいという方へ:2時間で知るメタファシリテーション1,000円セミナー
http://muranomirai.org/introseminar 

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:ステップバイステップ・丸1日の本格講座




http://muranomirai.org/trgbasic

→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  

2015年11月24日火曜日

ブログ記事募集 『備忘録』として使ってみてはどうだろう




ムラのミライが
「そこの、あなた!メタファシリテーションの実践例、ぜひ、ブログに書いてください!」
大募集している。

しかし、なかなか、集まらない、らしい。
どうして?←自問自答だから許して
うーん、やっぱり、文章を書くとなると、敷居が高いのかな・・・時間もかかるし・・・


ん?そもそも、実践をブログにUPするのって、だれのため?
りゃあ、成功であれ、失敗であれ、実践例がたくさん参照できたら、みんなの役に立つから!
アイディア集にもなるし、戒めにもなるし、実践のモチベーションにもなるんじゃない?

確かに。
でも、それなら、わざわざ「書く人」じゃなくて「読む人」でいいや~。

いや!ちょっと待って。
「書く人」のメリットもあるんじゃない?

それは『備忘録』として使うこと。
実践って、時間とともに忘れていくでしょ?
自分のために記録に残すっていうのは?
ひとりメタファシリにもなったりする。
「わー。記録してて気づいた。できないって思ってたけど結構できてるやん私」
しかも、誰かが読んでくれてるので、ときどきフィードバックももらえちゃうおまけつき。


どうですか?
『備忘録』としてブログに投稿してみませんか?
(ボランティア/日本語教師 吉田佐内




記事を書いてくださる方がいらっしゃいましたら、下記までEメールでお送りください。
送信先 info@muranomirai.org (担当:ムラのミライ関西事務所 宮下和佳)

2015年11月17日火曜日

ファシリテーション手法その3

以前ファシリテーション手順その2を投稿してから長い時間が経ってしまいました・・・。前回はIII: 一番最初(最近)にそれがおこったのはいつですか?時系列を組み立てる、IV 課題・問題の起点に遡るを紹介しました。いかがでしょう。ファシリテーション手法を日常生活の中に取り入れられていますか?質問をしている私(池田)も、実はあまり実践できていません・・・(あまりってどれぐらいと聞かないでください。)家族や友人に頼んで相手になってもらわねばと思っています。
では、前回に引き続きファシリテーション手法をご紹介したいと思います。

V:解決方法を探る(1):自己の類似体験の追跡にこだわる
解決方法を見つける際に有効的な質問は「同様な問題を以前にも解決したことがありますか?」です。例えば「以前も漁獲量が減ったことはありませんでしたか?もしあったとしたら、どう対処しましたか?」と問います。どこまでをもって「類似」と呼ぶことができ、相手に類似体験を思い起こさせることができるかは難しいところですが、これは場数を踏むしかありありません。先ほどの漁獲量だと「今まで飲み水が少なくなった時、どうしましたか?」と問うことで、相手は何か解決策を思いつくかもしれません。書籍「途上国の人々との話し方」に書かれている具体例をみてみましょう。

講座の受講者同士で練習した際のことだ。

受講者Cさんは、数ヵ月後にはNGOスタッフとしてラオスに赴任することになっているのだが、ラオス語の勉強がまったくはかどらないことを自分の問題として挙げた。聞き手は、しばらく聞きこんだ後、次のようなやり取りを始めた。
「他の外国語をマスターしたことはありますか?」
「英語はそこそこできます」
「学校で勉強したのですか?」
「基礎は学校ですが、会話は仕事の傍ら、独学しました」
こう答えたところで、Cさんは「英語をやった時のように、ラオス語もやればいいのだ」と気付いたのだった。傍から見れば、実に単純なことなのだが、Cさんによれば、学生時代からずっと学んできた英語とまったく新しい外国語であるラオス語を、自分の頭の中では同列に据えていななかったので、以前の経験を応用することに思いも及ばず途方にくれていた自分にきがついたということだった。

VI:解決方法を探る(2):身近な他者の類似体験に学ぶ
当事者にも類似体験がない場合、身近で同じ境遇にある人や同じ問題を持つ人がいるかどうか聞きます。もしいるのであれば、彼らの問題解決方法を聞きだし当事者の問題解決に繋げます。
ある団体が行ったベトナムでの幼児の栄養改善事業サービスを紹介した過去の記事「見落としがちな解決方法」(2015210日)を参照下さい。

今回は解決方法の探り方についてご紹介しました。類似体験の有無、問題の解決方法を思い出すという、一見単純なことのように見えますが忘れがちです。問題の起点まで遡り、整理ができたら解決方法を探るため自分や他者の類似体験を思い起こし、具体的な解決方法をみつけましょう。
では次回の最終回ではVII:相手から質問があったらチャンスだと思えVIII:結論は絶対に当事者に言わせろ!をご紹介したいと思います。

ボランティア 池田


引用 「途上国の人々との話し方」(p299305

2015年11月12日木曜日

「よ~く、よ~く、観察してみたら」

事実質問をスムーズに続けるコツのひとつに、「相手の立場に立って質問をする」というものがあります。ところが、これが私には難しく、すぐに質問が出尽くしてしまう、やり取りが行き詰まってしまう・・・ということが頻繁にあります。(むしろ、そういった撃沈体験がほとんどを占めています。)
例えば、今年春に受講したフィールド研修中に、介護に関わる人たちが集まる場づくりに取り組んでいる団体を訪問したときのこと。介護経験のある方を相手に質問の練習をしたのですが、相手が話していることの場面を想像するのが難しく、質問に詰まってしまいました。「私自身は介護なんてしたことがないし、祖父母はまだ元気で両親が介護をする姿もみたことがない。経験がないんだから想像しようがない!」と、内心、お手上げ状態でした。振り返りセッションの中で他の参加者(全員、私よりも年上)の感想を聞きながら、「結局、まだ私には人生経験が少ないから仕方がないのかなぁ。」と結論づけてしまいました。

しかし、最近ある人から、そんな状態から脱却するための大きなヒントをもらいました。
それは、話している人を、よ~く「観察する」ということです。
ヒントを得たのは、インドネシアのある村に、日本人の知人・Sさんと一緒に滞在した時のことでした。
その村には1年半ほど前から通っており、今年の10月にも休暇を取って数日間訪問しました。ただ、Sさんと一緒に滞在するのは今回が初めてでした。私は大学でインドネシア語を学んだことがあるため、村の人たちと会話をするのに、さほど困ることはありません。一方Sさんは、カタコトでのやり取りはできるものの、本人曰く「聞きたいことがいっぱいあるのに聞けな~い!」という状態だそうです。
そんなSさんが村で常にしていること、それが、「人をよく観察すること」です。
家の軒先などに集まっている村の人たちの輪に入っては、「この人とあの人は顔が似ているから、兄弟かな。」「この人とあの人はあんまり仲が良くないな。」「今この人、こういうことを言ってるんだろうな~。」などと、Sさんは常に色様々な予測を立てていると言います。そういったSさんの予測は、たいてい的中しています。また、私が彼女と一緒にいた場面でも、ほとんど通訳がいらない程に、その場でのやり取りを理解していました。
インドネシア語で質問ができない代わりに、観察力を最大限に駆使しているSさん。彼女の姿を見て痛感したこと― それは、自分が言語情報にのみ頼って、話している相手をまったく観察をしていないということでした。
もちろん、文頭の私が感じたように、自分自身が様々な経験を積み重ねて引き出しを多く持つことは、質問をするためにも重要なことだと思います。しかし、話している相手を本気で、よくよ~く観察してみると、相手が何を考えて・感じているかが何となく察しがつくようになってきます。そして、相手の気持ちになりきったり、「どんな質問なら答えやすいだろう?」という勘も冴えてくるような気がします。(まだまだ、以前よりも少しだけですが・・・。)

場所は変わって、ネパールでの出来事をご紹介します。
私は8月からネパール事務所に長期出張しているのですが、先日、ネパール人のおばちゃんとのやり取りのなかで、こんなことがありました。
以前、彼女の出身地の位置(ネパールのどの部分にあるか、カトマンズより北か南か東か西かというようなこと)について質問した際、答えてもらえずに退屈されてしまったことがありました。そこで、その時のやり取りを振り返り、彼女は「地図上で場所を捉えることには馴染みがない」ということに気がつきました。後日、彼女の喋る姿を観察してみたところ、「村をミニチュアに見立てて説明する」という方法なら話が弾むということを発見しました。そして、彼女が、家の中のテーブルや棚といった段差を見事に活用して話してくれるのに合わせて、私も身振り手振りを交えて質問をしてみました。すると、「家はこの辺りで、畑は家からこれくらい登ったところにある。家畜を離しているのはこの辺り・・・。」などと、こちらが聞いていないことまで、生き生きと語ってくれました。

「相手の立場に立って質問をする」とはこういうことかな?と、少し前進した気分になり、これからはもっともっと観察を大事にしよう!と思うのでした。




海外事業コーディネーター 近藤美沙子 (ネパール出張中)

2015年11月10日火曜日

水・森・土・人 よもやま通信 第2部 番外編「村人たちが教えてくれたこと」

 11月に入り、朝晩の冷え込みが一層厳しくなる。前回のよもやま通信から約3ケ月、流域管理のプロジェクトは終了し、きっと今頃村人たちは米や野菜の収穫 に向けて日々の農作業に精を出しているに違いない。日本では、夕方5時を過ぎると、辺りは真っ暗、四季の移り変わりを感じる。

今回のよもやま通信2部番外編は、2013年からプロジェクトに参加した筆者が、2年前に初めて村を訪れたときからの記憶をたどりながら、綴っていきたいと思う。

目次

1.初めての村
2. 指導員って誰?
3. 農業カイゼンに向けて
4. 地域の手本は世界の手本

 

1.初めての村

2013年7月初旬、筆者が初めて訪れた村は2007年のフィーズ1から流域管理事業に参加しているゴディヤパドゥ村だった。ゴディヤパドゥ村までは研修センターから車で30分ちょっと、インド着任から1ケ月、いよいよやってきた村への訪問に心が踊る。村に到着する前、近くの祠で別の村の人たちと待ち合わせた。しばらく経つと、10人くらいの村人たちが合流した。そのなかの3人は帽子を被っている。一行がゴディヤパドゥ村に到着すると、数名の村人たちが迎えてくれた。
キョーコさんラマラジュさんから、「ソムニード(旧団体名。2014年よりムラのミライに団体名変更)の新しいスタッフ」と村の人たちに紹介してもらい、スーリーと一緒に森に向かう村人たちについて行った。すぐに帽子を被った青年が話しかけてきた。彼はポガダヴァリ村のチャンドラヤ、テルグ語がわからない私は、彼が言うことはよくわからなかったが、だいぶ人懐っこいヤツだということだけはわかった。山道を行くと、ゴディヤパドゥ村の人たちが「石垣」のことや「ため池」のことを色々と説明している。他の村人たちは興味深そうに話を聞いていて、一人は懸命にノートをとっている。私は村人たちが語らう様子を写真におさめた。これが筆者の、村での初めての仕事だった。
「この村人たちは一体何のために来たのか?」「どこからきたのか?」「この帽子を被った人たちの役割は何なのか?」
実際には、村に入る前に当日の視察研修について聞いているはずなのに、なんだかよくわからない。
「そういえば、帽子を被っている人たちは指導員と呼ばれている人たちだ。でも指導員の仕事って何だろうか?それに帽子を被っていない人たちはどこの村の人なんだろう?」
色々な疑問を浮かべながらただ山道を行く。パイナップルが生えているのを見たのは初めてだった。ところどころ急な斜面や木の生い茂る道もあった。「流域とは何か?」の実感もないまま、ゴディヤパドゥ村の流域を歩く。汗をかきながら村にもどると、
「これでいつもの10%くらい」とキョーコさんが言った。
ずいぶんと歩いた気がしたが、これで10%。これからどれだけの山を登るのかと思うと、楽しみな反面、恐ろしくも感じた。こうして、無事にフィールドデビューを果たした筆者だったが、この時はまだ、村のことも、村人たちのことも、流域のことも何にもわからなかった。
それから、村に行く機会は増えて行った。初めての村訪問から2週間後(2103年7月中旬)、次にゴディヤパドゥ村を訪れた際には、種籾選びの研修を行った。別の日に、スーリヤムさんと訪れた、同じく2007年から流域管理事業に参加しているブータラグダ村では、モデル農地の畑を囲ったフェンスの測定と支払を行った。これらは農業改善の一環だという。どちらの村でも、何やら中心人物らしき若者たちがいた。彼らは村のリーダーなのだろうか?
こうして、何度か村を訪れ、石垣の設置や農業改善の話を聞き、それに対して懸命に取り組む村人たちを見て、なんとなく個々の活動はわかってきたような気がしていた。しかしながら、この流域管理事業というものが、実感としてわかるとは言えなかった。



2. 指導員って誰?

最初にゴディヤパドゥ村で会った帽子を被った3人と、ゴディヤパドゥ村とブータラグダ村の中心人物らしき若者たちは「指導員」だった。ブータラグダ村、ポガダヴァリ村、ゴディヤパドゥ村から男性12人女性1人の計13人の指導員たちがいる。彼らの多くは『こいつら、おれと同い年くらいかなぁ』と思わせる青年たちだった。ラマラジュさんとキョーコさんによる指導員に向けた研修では、それぞれが自分の持ち味を発揮して積極的に参加していた。中には喋くりの人もいれば、シャイな人もいる。ズバっと返しが早い人もいれば、自分のペースでしっかり伝える人もいる。その様子を見ていると、各村の指導員たちが良き仲間であり、良きライバルのように思えた。
指導員たちは皆、2007年から始まった流域管理事業のフェーズ1からこの事業に参加しており、筆者にとっては先輩たちだった。流域のコンセプト、流域管理のための計画づくり、そしてその計画に基づいた植林や石垣の設置など流域保全の実施とモニタリング、彼らは自分が学んだ流域管理の技術を、流域を共有する周辺の村に伝えるために指導員になったらしい。
「なぜ周辺の村に伝える必要があるのか?」
指導員たちは、自分たちの村の流域を保全するには、そのコンセプトを隣の村にも伝える必要があるとわかっていた。そして、フェーズ1でムラのミライの研修を受けてきた経験から、活動を強制したり、流域のコンセプトの理解無しで何かを作ったり植林するだけでは、流域管理の技術は伝わらないことも知っていた。だからこそ、今度は指導員として、ムラのミライから技術を正しく伝える技術を学ぶことに必死だったのだ。



2013年10月、ポガダヴァリ村の指導員によるアナンタギリ村での研修を初めて訪れた。上述の最初のゴディヤパドゥ村訪問の際にやってきたのはアナンタギリ村の村人たちだった。彼らは、この日、ポガダヴァリ村の指導員と研修の約束をしたのにも関わらず、アナンタギリ村の村人たちは時間通りに集まらない上に、前回の研修のことを村内で共有するという宿題もやっていなかった。村人たちは、何の研修をやるかも知らぬまま、指導員とソムニードが来たから顔を出してきただけだった。すると、ポガダヴァリ村の指導員たちとキョーコさんとラマラジュさんは「今日は研修しない」と早々に切り上げた。筆者は驚いた。研修は甘くないとわかった瞬間だった。アナンタギリ村は反省をしたのか、やるべきことをやった上で、もう一度研修のお願いがあった。スタッフも指導員も、研修に対してこういう厳しさを保っているからこそ、研修を受ける村も研修に対して真剣に取り組むようになるのだと学んだ。
それから約2年間、筆者はこのアナンタギリ村を含む新規参入の村を何度も訪れた。初めてキョーコさんとラマラジュさんから指導員による研修のモニタリングを任されたのは、2014年2月、マンマングダ村でのアクション・プランの研修だった。研修を担当したのは、ブータラグダ村の指導員たち。知っているテルグ語の単語を拾いつつ、スーリーに内容を訳してもらいながら、研修の流れを追う筆者。研修は順調に進んでいるように見える。しかし、よく見ると、参加者の中で研修員の声に反応するのはいつも同じ人たちで、女性や年配の人は座って研修を眺めている。ただ、筆者には何も出来ない。さりげなく指導員の一人を呼んで、女性や年配の人も話し合いに参加出来るように促す。少しは良くなったような気もするが、やっぱり話の中心は変わらない。「研修の始めから指導員と目標を話し合えばよかったのだろうか?」「他に何かできたのだろうか?」村での研修の難しさを実感した。いま思い返してみれば、指導員が女性だったり、年の近い年配だったりすると、また研修の内容で女性しか知らないことや年配しかしらない質問を交えると、女性や年配の参加者も進んで発言してできるようになったのかもしれない。
こうして、研修の難しさを実感しながら、指導員による数々の研修をモニタリングして、時には指導員と一緒に自分も指導する立場で流域管理の研修を続けてきた。村でこれまでの活動のフィードバックをしたときは、初めて村人たちの前に立ち、「フィードバック」をしたつもりが、ただの数字の羅列になってしまい、村人がポカーンとさせてしまったこともあった(2014年7月)。
指導員のモニタリングを行うはずが、順調に研修進んでいる研修でも何かと喋りたがるスーリーを止めるためのモニタリングになることもあった(随時)。植林の指導とモニタリングでは、朝から夕方まで指導員と村人たちと一緒に山を駆け巡った(2015年5~8月)。最初は、研修をただ見ているだけだった自分が、研修をモニタリングし、指導員と共に指導し、村人たちと一緒に流域管理の事業をつくっていく。こうして、私は少しずつ、彼らの流域管理事業に参加させてもらえるようになったのだ。
そして、その過程で、指導員たちが新規参入村での研修について
「字の読めない人でもわかりやすいように、写真やイラストを使おう」とか、「今回は女性の参加者が少なかったから、次回からはもっと女性が参加者を増やせるようにしましょう」とか、「(研修する村で日常使う言語が違うため)言語が伝わらないところでの研修は本当に難しいけど、彼らはよく理解しようとしていたね。」とか、そういう話をしてくれるようになった。私が初めて会ったときには、「どっから来たんだ?」「家族はどこにいる?」「結婚しているのか?」と、向こうからの質問ばかりだった会話が、今度は指導員たちから、研修についての提案やフィードバックを聞けるようになって、筆者もほんの少しでも指導員たちに近づくことが出来たんじゃないかと思った。


指導員が研修を行ったアナンタギリ村、パンドラマヌグダ村、バルダグダ村、コッタグダ村、マンマングダ村、どこの村でも、指導員は真摯に研修を行い、そして村人たちは流域のことを理解し、流域管理の活動を続けて行った。チャンドラヤが、ある日言った。
「ヒロさん、流域管理の活動をビデオで残そう。そうしたら、もっと多くの村の人にも伝えられるから。」
『きっとコイツらの活動は続いて行くんだろうなぁ。』その彼らの活動の一部に参加出来たことを嬉しく感じた。


 

3. 農業カイゼンに向けて

農業改善には、ブータラグダ村、ゴディヤパドゥ村、ポガダヴァリ村の3か村が参加した。水と土が農業に重要ということぐらいは、農業とは無縁の人でもわかる。しかし、農業改善を流域管理の活動の延長線上として考えると、具体的な活動や実感はすぐには湧かなかった。
農業の改善とは、一体どういう意味だろうか?
生産性を上げることなのか?コストを下げることなのか?作物の価値を高めることなのか?
村人たちの農業改善とは、村の中で自分たちがずっと続けていける農業を取り入れることだと思う。それは、生産性も、コストも、作物の価値も全て網羅している。農業の年間計画を立てることで、農地を有効活用することで、より長期間に渡り多種類の作物がとれるようになる。村の資源を活かした有機たい肥やバイオ農薬を使用することで、化学肥料を買うコストも下がる。そして、化学肥料を使用しない分、土壌の質も保つことができる。それらを達成するための研修と実践の積み重ね、それが村人たちの農業改善の活動だった。また、ブータラグダ村では、種を村の中で調達できるように、村人たちの出資で種子銀行(シード・バンク)も完成した。



2014年7月、農業改善活動の一環として、ブータラグダ村とポガダヴァリ村から代表の10名(各5名)が、タミル・ナードゥ州に視察研修に行った。タミル・ナードゥ州では、州政府の支援によって園芸やコリアンダー、ミントなど換金作物の栽培が大規模に行われていた。村人たちも、その規模やビニールハウスを使う技術には驚いていた。そして、もう一つ、村人たちが視察したのが、自然のものを活かし、その土地に適した品種で伝統的な農業を行う青年の活動だった。二つの異なる農業を見て、村人たちは、自分たちが進むべき道を再確認した。もちろん後者である。青年から学んだ農業の技術を村に帰って他の村人たちにも伝え、実践を開始すると意気込んだ。視察研修の振返りで、「オラたちが村で目指すのはこっち農業だ。」と確信する村人たちが頼もしかった。


その後、月に一回、農家たちがグループを組んで行うモニタリングに同行すると、タミル・ナードゥで学んだ技術を活かしていることがわかった。しかも、視察研修に行ったメンバーだけではなく、村に残った人たちにもきちんと伝わっている。このモニタリングでは、毎回農家たちの工夫と協力を見ることができた。ある農家が稲から害虫を遠ざけるために、畦に花(マリーゴールド)を植えて田んぼを囲うと、次の月にはそれを参考にして別の農家も実践していた。水はけが悪く作物が枯れてしまった農家がいれば、別の農家がアドバイスを送り、今度は枯れないように栽培をしていた。
村人たちの農業改善を間近で見て、そのモニタリングにも参加して、筆者も村での農業について学ぶことが出来た。ただ心残りなのは、村人全員が理解し、納得出来るモニタリング項目をつくるためのサポートが出来なかったことである。もっと農業の知識と、そしてファシリテーションの力があれば、それが出来たのかもしれない。


いずれにせよ、村人たちの農業改善は成果を上げた。村人たちが必死だったのは、農業は彼らの生活そのものだったからだと思う。とはいえ、いままでは農業だけで食べていけるわけではなかった。流域管理事業が始まる前、村の農家たちは都市への出稼ぎや日雇い労働による生計を余儀なくされていた。流域管理の成果が出て、土壌が回復し、使える水も増えた今では、自分の村で、家族と仲間と暮らしながら、農業で生活が出来る。だからこそ、この生活をずっと続けようと、農業改善に本気だった。実際には、今までの農業のやり方を変えるという決断を下すのは、村人たちにとって容易なことではなかったと思う。それが出来たのは、2007年から寄り添ってきたムラのミライ・SOMNEED Indiaへの信頼があったから、そして、彼ら自身のなかに、きっとこの方法なら上手く行くという確信があったからに違いない。



4. 地域の手本は世界の手本

村人たちがコミュニティで考えて、コミュニティで計画し、コミュニティで実践する村づくり。ブータラグダ村では、「孫子の代まで暮らし続けられる村」をつくるため、村のグランド・デザイン(総合計画)が策定されて、実践されている。他の村も負けていない。自分たちの流域を再生し、守り、活用し、そしてそれを広めていく活動は続いている。
『流域、農業、指導員、水、土、森、人』
2年前、筆者が初めて流域を歩いたとき、初めてモデル農地を見たとき、初めて指導員の研修に同行したとき、あの時バラバラだったキーワード。
2年間、植林や石垣づくりのため村人と流域の中を歩き、年間計画を見ながらモデル農家と一緒に田畑を周り、指導員と一緒に研修の計画を立てるなかで、バラバラだったキーワードが一つに繋がっていった。それにもし名前をつけるならば、それは『流域管理』になるんじゃないかと思う。


自分たちのコミュニティがもつ資源に気付き、それを守り、活用していく。きっとそれは、インドの山奥の小さな村の話だけではなく、この世界のどこにいても共通の、地域づくりのあり方なのではないだろうか。
『地域の手本は世界の手本』
村人たちの、流域管理を通した地域づくりは、きっとこれからインドの、日本の、そして世界中の地域づくりの手本になっていくに違いない。こんな素晴らしい事業に参加出来た事を我ながら誇りに思い、遠くインドの山奥の、サワラ族の村人たちへ深く感謝を示したい。
そして、インドの村で、村の未来に向けて走り続ける村人たちと一緒に活動していく中で、
「おれも大原けぇっべ(俺も大原に帰るか)」
という気持ちに辿り着いた。今度は、自分が暮らす地域で、地域を盛り上げていきたい。



注意書き

筆者:實方博章。ムラのミライ元スタッフ。2013年6月〜2015年8月まで流域管理事業に従事。
キョーコさん:前川香子。ムラのミライの名ファシリテーターで、本事業のプロジェクトマネージャー。流域管理プロジェクトの他にも研修事業から出版事業まで全てを統括するスーパーチーフ。
ラマラジュさん:よもやま第一部からおなじみの名ファシリテーター。現在はビシャカパトナム市にてムラのミライ・コンサルタントとしてプロジェクトや研修事業に従事。
スーリー:夏の暑さにも負けず、村人と野山を駆け回るSOMNEED Indiaのフィールドスタッフ。
スーリヤムさん:SOMNEED Indiaの会計担当。普段はビシャカパトナムの事務所で会計その他の事務作業全般を行っている。


2015年11月3日火曜日

感情的になっては事実質問はできない

先日、関西事務所のボランティアのひとりから「夫に事実質問をしようと思ったが、自分が彼に対して腹を立てていることに気がついたので、その日はやめて、翌朝、気持ちを落ち着けてからやったら、とてもいい対話ができた」という旨の話しを聞かされました。
なるほど、感情的になっていては事実質問などできるはずがありません。私が家族、特に妻に対して事実質問しようと思ったのにうまくいかなかった時は、すでに相手が感情的になっていて、私もそれに呼応してつい感情的になっていたからだということに、おかげさまで気付くことができました。事実質問を組み立てるためには、脳みそをフル回転させなくてはならないのですが、心が感情に支配されていては思考と観察に集中できないのは当たり前です。
相手が身近であるほど、そしてその課題なりトピックなりに自分の関わりが大きいほど、冷静になるのが難しいのが人間です。逆に言えば、利害関係のない第三者としてならば、冷静になるのがずっと簡単です。今更言うまでもないことですが、だからファシリテーターやコンサルタントは外部者のほうがいいわけです。
とはいえ、赤の他人相手に事実質問の練習をするのは、勇気がいります。初めの頃はどうしても身近な人相手に場数を踏む必要に迫られます。あるいは、身近な人の課題だからこそ、メタファシリテーションを使うことで解決を手助けしたいと願うのは当然のことです。
ですから、家族や親しい友人を相手にする場合には、まず自分が冷静になれるかどうかを自分自身に聞いてみて、感情を押さえられそうにないのであれば、場を改めて仕切り直したほうがいいわけです。そして、こういう態度が取れるためには、普段から自己モニタリングの癖をつけておく必要があります。メタファシリテーションの手法では、そのためには、私が今しようとしている質問は、相手の思い込みを誘発するようなものではないだろうか、つまり事実を聞く質問だろうか、と自分に常に問いかける癖をつけることで、自己モニタリングの姿勢が身に付くと教えています。
でも、それと同時に、自分は今感情的になっていないだろうか、あるいはこのまま行くと感情を抑えられなくなるのではないか、と自らに問いかけるのもとても大切なことです。本当はその判断も、自分がしている質問をよく観察することで可能になる、つまり感情的になっていれば事実質問の質が落ちるのですが、すでに感情的になっていたなら、そもそも冷静な判断ができるはずがありません。

事実質問云々に関わらず、いかに冷静に自分自身を観ることができるかが対人関係の鍵となるということです。当たり前だけど最も大切なこのことに、改めて気付かせてくれたその人に心から感謝しています。


イランで農民相手にインタビューする中田。こんな時はとても冷静になれるのですが…。


(代表理事 中田

2015年10月28日水曜日

でこぼこ通信_第21号_「壊れた腕時計は誰がなおすの?」(2015年10月28日発行)

でこぼこ通信第21号 「壊れた腕時計は誰がなおすの?」(2015年10月28日発行)

In 601プロジェクト通信 ネパール「バグマティ川再生 でこぼこ通信」 by master

 

目次

1. ガソリンがなければ、自転車を使えばいい!
2. デシェ村での2年目の活動
3. 壊れた時計は誰がなおすの?
4. 誰かが何とかしてくれるなんてことはない

 

1. ガソリンがなければ、自転車を使えばいい!

2015年9月20日、ネパールで新憲法の公布がアナウンスされた。
ネパールでは2006年に約10年にわたる内戦が終結。2008年には王政が廃止され、共和制へと移行した。そして、新しい国のかたちに沿った憲法を作るため、制憲議会での議論が始まったが、政党間の対立から何度も期限が延長されてきた。
実に7年越しの新憲法に、カトマンズはお祝いムードに包まれる…はずだったが、現在(2015年10月下旬時点)のネパールは、深刻な燃油危機に見舞われている。
資源を持たない内陸国であるネパールは、そのほとんどをインドからの輸入に頼っている。
しかし、今回の新憲法をめぐる国内外の政治的対立から、そうしたインドからの輸入がストップしてしまった。
特にガソリンやガスの輸入がストップしてしまったのは生活に大きな影響を与えている。たちまちカトマンズはガソリン不足となり、自家用車への給油は間もなくストップされた。
レストランやホテルではガスが入ってこないため、営業を縮小するところも。各家庭のガスも底をつき始めている。…と書けばキリがないが、状況がよくなる兆しは見えない。

 

しかし、この状況に不満を漏らしつつも、
「ガソリンがなくなれば、自転車で移動すればいい。」
「ガスがなくなれば、薪で料理ができる。」
そんな風に話すネパールの人々。「ない」なら「ない」なりに何とかしてしまうのだ。本当にたくましい。

地震のときにも感じた、ネパールの人々のたくましさ、穏やかさ。
それは、電気、水、燃料…そもそも「ない」ことに慣れているからかもしれない。
一方で、「ない」なら「ない」なりにどうにか(=代替手段を使うか、放置)してしまう彼らは、例えば、「ゴミ回収システムがない」と政府に対しての不満は漏らすものの、「じゃあ、自分たちで何かアクションを起こそう!」とはならない。人のせいにするのは簡単。誰かから言われたことはやる。でも自分たちで何かアクションを起こすのは苦手。
そんな彼らが最も苦手とすることの一つだと私が思っているのが、メンテナンス。

ここからは、ムラのミライのプロジェクトに話を戻し、デシェ村の分散型排水処理施設(DEWATS)のメンテナンスについてのエピソードをご紹介したい。

目次へ

 

2. デシェ村での2年目の活動

DEWATSが完成したからといって、デシェ村の人たちとの活動が終わったわけではない。デシェ村のなかから指導員となる人を募り、ムラのミライの研修を受けてもらうというのが次の活動である。

この活動のヒントはインドでの流域管理プロジェクト。 ムラのミライが去ったとしても、そこに住む人々の手で、村から村へとバグマティ川を再生させるための活動を広げていけるように…というのが指導員に期待していることである。

さて、以前のでこぼこ通信でお伝えしたように、地震や豪雨の影響でデシェ村のDEWATSには修理が必要になっている。DEWATSは彼らのものなのだから、他の誰かが修理をしてくれるわけではない。もちろん、ムラのミライがやるわけでもない。そこに村の人が気づき、アクションを起こすためには、今のDEWATSは恰好の教材。

自分たちでDEWATSを維持・管理していくためには、コストを計算し、誰が、いつ、何をしなければならないかを、実際のメンテナンスを通じて実践的に学んでもらい、その中から指導員になることに興味のある人を募ろうとしていた。

目次へ

 

3. 壊れた腕時計は誰が直すの?

とはいえ、心のどこかで「ムラのミライが何かと指示、支援してくれるだろう」と期待しているデシェ村の人たち。8月、和田さんが一時帰国中で不在のなか、デシェ村の人に、このとても重要なポイントに気づいてもらうためのトレーニングを行うことになった。

こちらから「DEWATSはあなたたちのものなんです。だからDEWATSの維持・管理をするのはあなたたちデシェ村の人。あくまでムラのミライは、コスト計算の仕方や計画の作り方といった技術的なサポートをするだけです」と言ったところで、村の人たちがアクションを起こすことはない。村の人たちが気づき、自分の言葉で語ることこそが重要なのだ。

では、気づいてもらうためには、こちらからどんな質問を投げかければいいか?
どうしたものかと悩む私たちに、日本から和田さんが一つの例え話を教えてくれた。

「誕生日にステキな腕時計を友人からもらった。でも、その腕時計が壊れてしまった。あなたならどうする?腕時計をくれた友人に修理代をせがむ?」

そう、竣工式をおこなって、デシェの人たちに引き渡したDEWATSは、まさにこの腕時計。
そのDEWATSが壊れてしまった。さあどうする?

目次へ

 

4. 誰かが何とかしてくれるなんてことはない

2015年8月14日。
この日は平日のため、早朝、仕事に行く前の村の人たちに集まってもらった。
ウジャール「みなさんおはようございます。今日は、DEWATS建設にかかったコストをみなさんと共有したいと思い、集まってもらいました。」
ディベンドラ「4月、5月に大きな地震がありましたが、私たちもようやく通常の体制に戻りつつありますので、このタイミングで今日みなさんに集まってもらいました。メンテナンスのことについても話しましょう。」

ディベンドラとウジャールから、挨拶と今日やることを確認したあと、
実際に建設にかかったコストが記入されたアクションプランが一人につき一部配布され、エンジニアのラングナートから工程ごとにいくらかかったか、総額いくらかかったかを説明した。その後、図を使ってDEWATSの構造をおさらい。

 


そしてメンテナンスについての話題に移ろうとしたところで、互助組合の理事メンバー(これもまたデシェ村の人)から、
「それで、壊れたDEWATSの修理のことなんだけど…」と話が切り出された。

そのようすを横から見ていた私は、
(…なんだか雲行きが怪しくなってきたなー) と、ハラハラし始めた。
案の定、「DEWATSのいくつかの箇所が壊れてしまった。どうしよう。ムラのミライがどうにかできないか」と村の人たちに詰め寄られている(ように見える)ディベンドラたち。
(ここで腕時計の例え話を出す絶好の機会じゃないか!)
と思うものの、ネパール語で繰り広げられる議論の勢いに私は口をはさめない。

ディベンドラ「まずは破損箇所を確認して、コストがいくらかかるか見ていきましょうよ。」
ウジャール「規約に従ってメンテナンス、修理をしていってはどうですか?」
などと言ってみるものの、「やりましょう」という言葉が村の人たちから出てこない。

あーだこーだとやり取りをしているなか、一人のオジサンがこんなことを口にした。
「DEWATSはオイラたちがもらったんだ。竣工式だってやっただろう?
…ってことはすでにDEWATSはオイラたちのものになったんだ。だけど、村の人たちはそれを理解してなくて、だからムラのミライに修理してほしいってなるんだよ。
とにかく、緊急性の高い雨水対策は、自分たちで明日とりかかる。そうだろう?」
(あのオジサン、私たちが言いたいことを言ってくれている!)
ムラのミライのスタッフからではなく、村の人からこの言葉が出てきたことのインパクトは大きい。
オジサンの次の一言に期待するも、「仕事が忙しい」とそれだけ言ってサッサと帰ってしまった。
とはいえ、オジサンの一言が効いたのか、次の日には村の人たちを中心に雨除けのための工事が行われた。

昨年1年かけて、「村がゴミだらけになっている、排水がバグマティ川に垂れ流されていることで、バグマティ川が死にかけている」という現状に気づいて、どうにかしなきゃと思った村の人たち。とはいえ、自分がずっと習慣にしてきたことや考え方がたった一年でがらりと変わるわけがない。
心のどこかで「DEWATSは誰かが何とかしてくれる」と思っているデシェ村の人々。
なにより、一緒にオロオロして村の人たちに「考えさせる」ことができなかった私たち。情けないが、双方まだまだスタート地点に立ったばかりなのだ。

「人は経験から学ぶのではなくて、経験を振り返ることで学ぶ。」とは、対話型ファシリテーションを実践するうえで重要な考え方の一つ。
いつかデシェ村の人たちが自分たちの経験をふりかえり、他の村の人たちにその経験を広げる…そんな日が来ることを期待している。



目次へ

 

注意書き

バイクで通勤していたスタッフたちも燃料節約のために自転車通勤に切り替え。ネパール人の知り合いによる、自転車屋さんが大繁盛しているらしい。

ディベンドラ、ウジャール、ラングナート:SOMNEED Nepalのスタッフ。本通信だとオロオロしているだけに見えなくはないが、その実は頻繁にデシェ村に通い、村の人たちとのコミュニケーションをとってくれている。